ご挨拶

当店の施術はトリミングカーによる移動型という性質上、近所の駐車場などのワンちゃんが普段暮らしている、見慣れている場所で施術をすることになります。一対一の静かな環境で施術を行えることは、特に初めてトリミングを受けるワンちゃんにとって、不安の大きな軽減に繋がります。 
この環境に助けられることはよくあり、例えば店舗に預けてトリミングを受けると帰ってから疲れがはっきり表れるワンちゃんでも、当店での施術後は元気いっぱいだったと言うお話を飼い主さまから伺うこともあります。

プードルを中心に、多くの犬種はカットのスタイルによって様々な姿を見せてくれます。 
施術の際は全体的なバランスを考えつつも、飼い主さまが一番目にする部分であり、ちょっとした変化が仕上がりに影響する顔周りには、特にこだわりを持ってカットを行っています。 
全体をスッキリさせて、過ごしやすくお手入れもしやすいカットを行うことが多いですが、飼い主さまにもこだわりのポイントがあると思いますので、お預かりの際にぜひお伝えください。同じ体格の同じ犬種であっても、身体全体の骨格はワンちゃんによって違いがあるので、その子がより素敵に見えるようご提案しています。

人間がプールに入ると疲れるように、ワンちゃんもトリミング自体によって少なからず負担がかかってしまいます。体力面で不安のある子を預かりする際には、シャンプー、ブロー、カットの工程の中に休めるポイントを作り、負担をなるべく感じないよう施術を行っています。また、スピード感を持った施術を行うことは重要です。立ちっぱなしの時間が減ることは、単純なようで負担の軽減にとても効果的なのです。 
平均寿命が延びたことで、人と同様にワンちゃんも高齢化社会と言われ、老犬の施術をする機会も多くあります。高齢犬をお預かりする際には動物病院での勤務経験を活かし、特に体調の変化に対するチェックを大切にしています。

カットの内容はもちろん、その子ごとの性格や癖など、お預かりの際には飼い主さまとしっかりお話しします。私自身がとてもお話が好きということもありますが・・・(笑) 
特に仕上がりについては、身体、足、しっぽ、耳、顔、これはパーツごとに細かくご要望を伺っています。 
また、飼い主さまに喜んでいただくことはただ単に面を揃えたカットを行うことではなく、ご要望をきちんと叶えることだと思っています。多くの飼い主さまは、自分が生活を共にするワンちゃんのチャームポイントを把握されていることと思いますので、それが際立つように、加えて普段の生活やお手入れを行いやすいように心掛けています。

基本的な方針として、仲良く楽しく、ワンちゃんとも飼い主さまとも仲良くなりたいと思っていますが、信頼を得るためにも技術の研鑽は欠かさず行っています。これにはもちろんゴールはなく、日々勉強です。 
JKCのライセンス取得後も、様々なスタイルのカットの練習を常に行っています。


私のモットーは「笑顔」です。
サロン名の由来もそこからきています。「Tickle Tickle」は英語で「こちょこちょ」という意味です。日々笑顔で過ごしていくと、毎日が楽しくなります。笑顔を絶やさないサロンにしていきたいと思っております。

車内で施術を行えるトリミングカーで飼い主さまのお宅に伺い、その場でトリミングを行う移動型のトリミングサロンです。この移動型という環境は、お年寄りの方や、子育てから手が離せない方、忙しくてなかなかお店に伺うタイミングがない飼い主さまなど、多くの方から好評をいただいています。 
ただキレイにするだけではなく、その子の生活をトータルサポートしていきたいと思っています。獣医師の先生のように・・・とまではいきませんが、私たちがトリマーとしてアドバイス出来ることは色々あると思っています。お話をしっかり伺い、飼い主さまと一緒にワンちゃんを見守っていきたいと思います。
可愛くなった、過ごしやすくなったわんちゃん、その姿を見て飼い主様は笑顔になれます。ぜひ、皆様で笑顔になりませんか?